えっ?こんな古い着物でもいいんですか?

古い着物は需要がある?

中古の着物を買取ってもらう時は、未使用のもの比較的新しい着物が取引されることが多いですが、最近は「和装」が見直されて古い着物も人気が高まっています。
古い年代物の着物は、洋服と違い色合いや配色、柄などが独特の趣があります。海外からの観光客のお土産に和テイストのものが好まれるなど、国内はもとより海外からも年代物の着物は注目されています。また、年代物の着物は虫食いや色あせが生じていることもありますが、それも着物の持つ風合いと捉えられ、ファッションに取り入れる若い年代の女性も増えてきています。そのため、母親や祖母などから譲り受けた着物や、タンスの奥にしまったままの古い着物も需要があり買取ってもらうことが可能です。

買取業者に問い合わせてみよう

年代物の着物を買取ってもらう時に注意することとして、買取を依頼する業者が取り扱っているかどうかということがあります。
帯やバッグなどの和装小物、着物の素材、そして年代物の着物など業者によって取り扱う内容が異なるため依頼する前に問い合わせてみることが必要です。買取業者には、それぞれ得意分野があり年代物の着物に強い業者であれば安心して依頼することができます。
また、シミや汚れや色あせなどがひどい場合でも洋服や小物にリメイクしたり、ハギレに加工する業者と提携している場合がありますので相談してみることをおすすめします。
査定の方法も、店舗へ持ち込んだり、出張や宅配などの方法がありますので、自分に合った方法で査定を依頼しましょう。