捨てるより、使って活かそうお宝の着物!

着物の専門店に売りに行く

クローゼットや押入れの中に着物が眠っている場合、そのまま放置しておくのは勿体ないものです。では、どのようにすれば古い着物を活用することが出来るのでしょうか。
一つ目として、着物の専門店に売りに行くという方法があります。プロの鑑定士がいる店を選ぶようにしましょう。その際、高く売るためには、着物のシミや汚れがないかチェックしてクリーニングをしておく、ほつれやほころびなどを直しておく、裄や丈の長さを把握しておく、きちんと畳んで紙に包んでおくなど、細かな対応をしておくと良いでしょう。
直接店舗に持ち込むという方法もありますし、出張鑑定をして貰いそこで売ってしまうという方法もあります。都合の良い方法を選択しましょう。

リメイクをして楽しむ

続いて、古い着物の活用法として、リメイクを楽しむという方法が挙げられます。
古布の柄というのは非常に魅力的ですので、上手くリメイクをすることによって、世界に一つだけの美しい小物や服を作ることが出来るのです。どのようなものにリメイクすると良いのかと言いますと、まずは洋服です。着物の大胆な柄を見せつけるように仕立て直すと素敵でしょう。また、ぬいぐるみを作成したり、バッグを作ったり、ストールや帽子にするという方法もあります。
裁縫に自信がなければ着物のリメイク専門の店に持っていくのも良いですし、自らのミシンでリメイクをするのも良いでしょう。自分でリメイクを行う場合には、着物リメイク雑誌などを参考にすると簡単です。