もう着ない?それなら頼もう高価買取!

着物は必要な人に着てもらおう

着物は着る人を選ばないと言いますが、成人式に着た振袖や、若い時に買った訪問着などの着物は年齢を重ねると似合わなくなってしまいます。まだ十分着ることができるのに譲る人もいない場合は、着物を必要としている人に着てもらいたいですよね。
ふだんは着る機会の少ない着物でも、華道や茶道などの習い事などでは着られますし、結婚式なども「和」が見直されてきていて若い世代でも着物に関心のある女性が増えています。新品の着物は高額なのでひとつ購入するのも難しいですが、中古の着物であれば高級なものでも手軽に購入できるというメリットがあります。
着物の中古市場に注目が集まっている今こそ、もう袖を通す予定のない着物を手放す機会といえます。

着物を買取ってもらうには?

着物を査定するには振袖や訪問着などの種類の他に、生地の素材や作家による作品なのかなど専門の知識が必要になります。中古の着物を売却する時は、中古の着物を専門に扱う買取業者に依頼することがポイントです。
数多くの買取業者がありますが、ホームページや口コミサイト、比較サイトを参考に、自分が売りたい条件にあった業者を選ぶことが大切です。買取業者によっては、高級な着物に強いところや年代物の着物に強いところ、和装小物まで扱うところなど取り扱う内容や強みが異なります。手持ちの着物に合わせて事前に問い合わせてみることをおすすめします。
見積もりや査定は無料で行う業者もあるので、ひとつの業者だけでなく複数の業者に見積もりを依頼してみることも高く買い取ってもらう方法のひとつです。